陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2017年 今後の展示予定-------
・2017 年10月11日(水)~17日(火) 大丸心斎橋店美術画廊 篠原希陶展予定


-------終了した展示-------
・2017 年7月6日(木)~7月12日(水) 東武池袋店 篠原希陶展
・2017 年4月22日(土)~5月2日(火) 三島市ギャラリー阿吽 篠原希陶展
・2017 年4月19日(水)~4月26日(水) 倉敷 工房IKUKO 篠原希陶展
・2017 年 4月8日(土)~16日(日) 織部下北沢店 篠原希陶展
・2017 年 1月2日(月)~29日(日) 水戸市うつわや季器楽座創業 20 周年記念企画 第 2 回酒井敦志之×篠原希二人展
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
キンレイ「お取り寄せコレクション」キャンペーン
2017 / 03 / 01 ( Wed )
[お知らせです!]
https://monipla.com/kinrei/campaigns/12517

キンレイさんのキャンペーン!
新作の「お取り寄せコレクション」と
それ専用に
私が制作した土鍋と 瀬戸の陶芸家 伊藤 千穂 さんと 料理人であり笠間の陶芸家の穂高 隆児 さんが制作した麺鉢が当たります!
「THE鍋焼きうどん」キャンペーンに申し込んでくださったのに当たらなかったとおっしゃってくださった方!
是非ご応募ください!
スポンサーサイト
05:36:35 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
ブログに掲載していただきました/キンレイの器ものがたり
2017 / 02 / 28 ( Tue )
一昨年、そして昨年と制作させていただきました、冷凍食品のキンレイ特製

「鍋焼きうどん専用土鍋」
どうして私がその土鍋を制作することになったのかをわかりやすくまとめてくださいました!
utuwamonogatari-s-thumb-715xauto-1505.png

読み物としてもとてもたのしく書いてくださっていますので
ぜひ読んでいただきたいです。

第1話 「THE 鍋焼うどん」のオリジナル土鍋をつくる
第2話 「オリジナル土鍋」から「オリジナルどんぶり」へバージョンアップ!
第3話 陶芸家「伊藤千穂」元美容師のセンス光る器たち
第4話 陶芸家「穂高隆児」元料理長が生み出す、料理のための器
第5話 陶芸家「篠原希」土鍋がバージョンアップして帰ってきた!?
第6話 取り皿の議論から派生して、オリジナル取り皿へ!?


20代。一人暮らしのころ、毎日毎日外食やコンビニ弁当の味に飽き飽きしてしまっていた時
スーパーで買ってきたキンレイの鍋焼きうどん。

不思議とこの鍋焼きうどんの味には飽きることなく、よく食べるようになりました。

しかし
これを付属のアルミ鍋じゃなくて、
「せっかく陶芸やっているのだから、自分専用の土鍋を作って食べよう!」
と土鍋を作って食べていたというお話が、社長にお伝えする時が来て
こんな大きな出来事につながっていくと言う本当にありがたい体験をさせていただきました。



キンレイさんが冷凍食品メーカーの技術を込めた作品に私の土鍋をパッケージデザインとして使ってくださいました。
鍋焼と味噌煮込

一人で土鍋を作って鍋焼きうどんを食べていた20代の頃の自分に
この話を聞かせることが出来たら。








09:17:00 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
キンレイの新商品「お取り寄せコレクション」
2016 / 10 / 19 ( Wed )
去年冷凍食品「キンレイ」さんの企画である「THE鍋焼き」で土鍋を作らせていただきました
その時のお話
http://www.kinrei.com/news/201512/09170353.php



今年もお声をかけていただき
今年はキンレイの新商品発売の記者会見に参加させていただきました。

14484615_680140978828028_805628307980344213_n.png
新商品「お取り寄せコレクション」



記者会見なんて初めての体験でしたので
ガチガチに緊張しましたが、社長はじめ、みなさんとても親切に応対してくださり本当に有難かったです。





14606324_1135022086582218_2219198044028575025_n.jpg

新商品は5つ。
そして器を担当したのは私と、瀬戸の伊藤千穂さんと穂高隆児
「鍋焼うどん」と「味噌煮込みうどん」は私の土鍋。
「京都九条ねぎの肉うどん」は笠間の穂高隆児さんの器。
「きつねうどん」と「カレーうどん」は瀬戸の伊藤千穂さんの器となっております。



14702293_1140437999373960_3474261025650970197_n.jpg

そしてなんと!

今回の新商品のパッケージには私たちの器がデザインに入れていただいております!
私の土鍋が使われているのを見たときは、ジーンとしました!



さっそく我が家では発売日にネットで発注!

家族みんなでいただきました。


14702456_1140669539350806_1786222167395875895_n.jpg
おとり寄せコレクション お試し5品セット

14717315_1140698082681285_7295284548936963715_n.jpg
キンレイ祭りだ!土鍋祭りだ!


これまでの通常市販品のワンランク上の素材で作ったと言われているだけあって
子供も大興奮でした。
「おいしすぎてなみだでそう」
と長女。


キンレイ独自の3層構造、お水のいらない簡単さは変わらず
しかしうどんがカレーうどんや味噌煮込みうどんなど、
それぞれの味に合わせてうどんが違う‥!


本当においしかったです。

皆様、ネット販売でご購入いただけます。ぜひご賞味を。

http://www.kinrei.com/otoriyose/
09:09:42 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
「へうげもの」FBサイトでご紹介いただきました。
2016 / 06 / 24 ( Fri )
いつも大阪出身のくせにおもろない自分をおもろく紹介してくださるw
‪「へうげもの」 さん
FBページ
https://www.facebook.com/hyougemono55/

雑誌モーニングに連載中の「へうげもの」を愛読していた1ファンだった自分は
古田織部が主人公であるということは、
いつかあの「破れ袋水指」が登場するのだと楽しみに待っていました。


それが、まさにその登場回に自分が作画協力という形で関われたということは、
これ以上ない喜びでした。


作品の中で現在でいういわゆる「織部釉」が生まれたきっかけを説明するシーンがあります。

伊賀の自然釉(燃料の薪の灰が高熱で溶けてできる)が綺麗な緑色だったものを、

「銅を混ぜた釉薬をつくることで緑釉を現出させる。」


というものが自分でもとてもスッと心に入ってきました。


自分はこのシーンを見たことをきっかけに、青や緑の濃い色のビードロ(自然釉)を
発色させる焼き方に力を入れるようにしています。



いろんな示唆や刺激をあたえてくれる作品に出会えて本当に良かったです。




FBより転載
---------------------------------------------
「希 」と書いて、ノットまれ、バットのぞむ

へうげ十作焼き締め隊隊長、メンバー中随一の穴窯アーチスト

篠原希が、大阪・大丸心斎橋店12階/現代陶芸サロン桃青にて個展開催中です


伊賀〜信楽で、古田織部好みな力陶を続ける篠原
山田芳裕が「破袋」を描くにあたり、特に監修協力してくれた一人です


桃山時代の陶工に想いを馳せつつ制作に励む情熱、経験、見識は大いに参考になりました
会期は7月5日(火)まで
生粋の大阪人のくせにギャグ精神ゼロてどないやねん


ただひたすら、ひたむきに、土と水と炎と向き合う古典的陶人の激熱群をどうぞご高覧くだされ

大丸心斎橋店12階 現代陶芸サロン桃青
http://www.gallerytosei.com/daimaru/2016/shn1606.html

篠原希公式ブログ 焼いて暮らす日々
http://kibou830.blog.fc2.com/blog-entry-506.html


篠原希Facebook
https://www.facebook.com/nozomu.shinohara/posts/1049741115110316:1
‪#‎篠原希‬ ‪#‎まれ‬ ‪#‎信楽‬ ‪#‎伊賀‬ ‪#‎大阪‬ ‪#‎ギャグ‬ ‪#‎ceramics‬ ‪#‎pottery
‬ ‪#‎陶芸家‬ ‪#‎大丸‬ ‪#‎心斎橋‬ ‪#‎へうげもの‬ ‪#‎へうげ十作‬ ‪#‎hyougejissaku‬ ‪#‎hyougemono‬ ‪#‎japan‬ ‪#‎china‬
---------------------------------------------







テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

13:00:31 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
モーニング最新号「へうげもの」に作画協力
2015 / 09 / 22 ( Tue )
モーニング最新号「へうげもの」に作画協力として、
名前を載せていただきました!


12038439_900899586661137_5201463871227300953_n.jpg





愛読し始めてからいつか登場するとずっと待っていた

織部好みの水指

「破れ袋」

読者だった自分がまさかその登場回に関わる事が出来るなんて。
こんな嬉しい事はありません。


奇跡のようなご縁。

感謝!







テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

18:14:24 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
WEBサイト 陶芸ネットにご紹介いただきました。
2015 / 09 / 04 ( Fri )
陶芸ネット現代陶芸家ファイル」にご紹介頂きました!
素晴らしい陶芸家の方々の中に加えていただいて恐縮です‥ありがとうございます!


tougeinet.png

篠原 希
焼き破りの新美学


また、同じサイト内「器と出会う」9月でも私の「焼締角花入(やきしめかくはないれ)」に花を生けてくださっています。

どうぞご覧下さいませ。







16:34:33 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
雑誌で酒器をご紹介いただきました
2014 / 06 / 14 ( Sat )
ぱっと見て、中田英寿さんの雑誌かと思いきや、美味しそうーな日本酒の特集雑誌。

10462611_648346968583068_4154398462593058020_n.jpg
LOVE日本酒

これに私の酒器三点をご紹介くださっています。
ありがとうございます!

書店で見かけた際はご確認くださいね〜


アマゾンはこちら↓
LOVE 日本酒! 中田英寿特別版 (Gakken Mook) [ムック]



↓紹介されている日本酒は美味しそうなものばかり…特に秋田の新政は一番気になるお酒です!いつもクリックいつもありがとうございます! ↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
10:45:32 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
陶芸誌「陶工房」に掲載していただきました!
2013 / 05 / 22 ( Wed )
陶芸誌 陶工房no.69 特集「焼成に託す」に掲載していただきました!



陶工房表紙 自作は右上の壷です





私の項では
「焼き破りの新美学」となっておりました。
大変光栄ですが、同時に恐れ多い気持ちです。


自分にとっての穴窯を焚くおもしろさは
焼き物が穴窯のなかで焼けていくのが

「見える」

ということです。

特に大きな壷などは数日間の窯焚きで熱をまともに受けて柔らかくなったとき、
自らの重さで曲がって行く様子がわかります。


窯焚きで出来る「曲がる、熔ける、割れる」という現象を
作品にしたいと考えて、いまもいろいろな方法でためしています。


今回その技法の一つを『焼き破り』という言葉をつかって今回記事にしてくださいました。






壺つくり


また後半では土について、広口壷の製作の様子など写真つきでのせてくださっています。




ありがとうございました!



信楽の片隅でもくもくと作っております私ですが、地元信楽にも、そして遠く違った場所でも
私のことを気にかけ応援してくださっている方がいるのを実感します。

本当にいつもありがとうございます。

また、今日から生まれ変わった気持ちでがんばれそうです。
(ちょー本厄を迎えたことですし(笑))



これを励みにしっかりと精進して参ります!





↓参加しています。 みなさまよろしければご覧下さいね!   クリック!↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村



テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

11:50:43 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
炎芸術に掲載していただきました!
2013 / 05 / 11 ( Sat )
五月に発刊されました老舗陶芸誌
炎芸術 no.114(2013夏)に掲載していただきました!
b1114.jpg

(炎芸術 no.114(2013夏)―見て・買って・作って・陶芸を楽しむ 特集:信楽・伊賀 )
掲載くださった炎芸術編集のみなさま本当にありがとうございます!





今回は信楽と伊賀の特集。

信楽は澤清嗣(さわ きよつぐ)先生父子。
そして伊賀は谷本光生先生より三代を中心として紹介されるのと併せて
若手陶芸家の一人としてご紹介くださいました。

紹介ページ






大阪より信楽に来て二十数年経ち、
故古谷道生先生が生前伊賀を焼く為に使われていた窯場を
素晴らしいご縁で譲っていただき(このお話はいつかキチンと書かねばと思っております)
その地に自分で新たに穴窯を築窯して8年が経ちました。





自分の陶芸のキャリアは未だに特に目立ったことはできておりませんが、
信楽や伊賀の荒々しい、そしてやさしい土味が大好きで、
その素材に惚れ込んでやってきました。




今回いつも楽しみに読んで来た炎芸術にご紹介いただけた事で
自分の作陶の一節をいただいたような気がしています。





20数年経つ間には、信楽に住んで陶芸を続ける事に迷った事もあり
何度か信楽を離れようと考えた事もありましたが、
その度に信楽の大事な人々に出会い助けていただきました。


その感謝の想いで、今は
「信楽や伊賀の風土を肌で感じつつ焼き続ける事の意味」
を考えながら作陶をしております。


沢山の信楽の皆さん、関係者のみなさんに支えていただき、
ここまで陶芸をつづけてこられた事に
こころより感謝申し上げます!

















↓参加しています。  炎芸術みなさんご覧下さいね~   クリック!↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

09:45:46 | メディア等 | コメント(2) | page top↑
テレビに出る
2013 / 02 / 17 ( Sun )
信楽町内にある老舗ギャラリー陶園での篠原希陶展がはじまりました。


個展の初日までには本当にいろんなことがあって
一つ一つブログには書ききれなかったのですが
その一つ。実は個展の直前、ひょんなことから

「テレビに出ませんか?」と

お声をかけていただきました。



あれよあれよとやりとりをしているうちに本当に出演することになり
窯詰めを開始する直前が出演日となりました。

出演することになったのはKBS京都テレビの朝の番組「ぽじポジたまご



いよいよ当日のKBS京都…
現地についてみるとなんとそこは京都御所のすぐ隣。
ホールもある立派なビル!



60年以上の歴史があるKBS京都



作品を数点持ち込んで担当の方と打ち合わせ。


スタジオの様子などを見学しながら、ドキドキ鼓動は早くなるばかり。






初めて見たスタジオの照明



そして、リハーサルの後本番!



poji.jpg
kbsテレビに出演


緊張しながらも、大阪生まれの私がどうして信楽に行くことになり、
そしてどうしてたくさんある焼き物の産地がある中、信楽焼だったのかなど、
私のこれまでの陶芸に関することをいろいろと聞いていただきました。



陶芸、そして信楽焼の中でも穴窯(あながま)という原始的な窯を使って焼く焼締(やきしめ)技法という
この特殊な仕事を、どうやったらみなさんに興味を持ってもらえるか…
事前のアンケートにかなりの量を書きこんでいました。


それを適当に短く使ってくだされば良いなとおもっていたのですが、
台本を見るとかなりの長文(もとは自分が書いたんですが

これをキチンと喋らないと、でも時間も考えないと

と思えば思うほど、どんどん早口になってしまいました


焦る私を司会のお二人が
私のこどもの頃の写真を見ながらいろいろと和ませてくださり、
ようやくホッとしてきました。

kodomo2.jpg
子どもの頃の写真左から私、弟、兄

「同じカオしてますねー」
と大爆笑してくださいました。









今回の秀明文化基金賞受賞記念展のことについてもお知らせさせていただけて
ありがたかったです!


osirase.jpeg
テロップつきでお知らせして下さいました。




信楽にきて作陶をはじめて20年がすぎ
年齢もついに40歳になりました。

その日の番組のテーマは「実現したい夢」でした。

私の子どもの頃になりたかったのは「大工さん」でした。
大阪に育った私にとっては工芸という職業は身近なものでなく
ものつくりの仕事の代表的なものが大工さんということだったのですが
たくさんの奇跡的なご縁が有って、信楽に来ることになり、信楽を離れようかと迷っていた時に
穴窯を作れることになり、この年まで続けて来ることができました。


今回のテレビ出演をきっかけにこれまでの自分を振り返り、とてもいい記念になりました。


出演の機会をくださいましたKBS京都のみなさん本当にありがとうございました!










ほっとして、信楽に帰り、保育園から帰って来た子どもたちと一緒にテレビで鑑賞中。
突然お父さんがテレビに出て来て子どもたちはポカン…



fc2blog_201302170642450cb.jpg
テレビ鑑賞中


「なんでお父さんテレビでてるの?」
と言われました(笑)




↓参加しています。 個展初日会場に来てくださったお客様に「テレビ見てたよ〜」と言われ真っ赤になりました。  クリックおねがいします↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村







テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

06:35:03 | メディア等 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。