fc2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2020年 今後の展示予定-------

-------終了した展示-------
・2020 2/1(土)〜2/16(日) ならまち ギャラリーたちばな(奈良)篠原希陶展  
・2020 4/29(水・祝)〜5/17(日) うつわや季器楽座(茨城)篠原希陶展  
・2020年7月 東武池袋店(東京)篠原希陶展  
・2020年8月15日(土)〜23日(日) 四季彩堂(静岡)篠原希陶展  
・2020年10月14(水)〜20日(火)大丸心斎橋店(大阪)篠原希陶展  

薪をつくる/玉割り(たまわり)
2011 / 08 / 03 ( Wed )
個展も終わってしばらく経ちます。


すぐにでも次の個展にむけて動き出さないといけないのですが

一度休んだ体はなかなか言うことを聞いてくれません。


活を入れるべく

取りかかったのが薪作りです!

LOG7591.jpg
以前仕入れた松の原木。と薪ジャングルジムで遊ぶ電車息子。あぶないからやめて~



基本的に薪は自分で割って作っていますが、間に合わないとき、足りない時は
割木屋さんで買うことにします。




P1040153.jpg
原木の山


松の原木を一定の長さにチェンソーで切っていきます。
これを玉割りと言います。

P1040152.jpg
玉割りした松の原木



作業を始めるといっぺんに汗が体から吹き出してきます。

力も入りますし本当に大変な作業なのですが

いつもいいますが、私は本来こういう作業が好きです。



パチンコが好きな人が以前言っていたのですが

「パチンコやっているあいだは何にも考えずに頭を空っぽにできるから好き」
と聞いたことがありますが

私の場合、薪割りがコレに当たります。





薪割りをやっているあいだは目の前にある作業をこなしていく事しか
考えてもしょうがないので、もくもくとその作業をしています。


その間、頭は薪割りのことだけを考えていればいいので、楽なような気がします。
もともと荒ーい力仕事のほうが向いているだけなのかも…(悩)


作業のあとは体はふらふらに疲れますが、頭はすっきりしたようにいつも感じます。





この先も玉割りの作業はしばらく続きます。

はやく薪割り作業に進まないと!
















↓参加しています。  一歳のこどもはおへそに人指しゆびを当てたまま寝てます。まるで「わたしのおへそはココですよ」と言っているようです   クリック!したくなるおへそありがとうございます!↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村







関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:31:09 | 制作についてのおはなし | コメント(0) | page top↑
<<がちゃこんポンプを直す | ホーム | 壷作り講座>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |