FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2019年 今後の展示予定-------
・2019年9月4日(水)~9月10日(火)大丸心斎橋店現代工芸サロン桃青(大阪)篠原希陶展予定  

-------終了した展示-------
・2019年7月18日(木)~7月24日(水)東武池袋店(東京)篠原希陶展  
・2019年 4月13日~5月6日ギャラリー阿吽(静岡)篠原希陶展予定  
・2019年4月6日(土)~ 4月14日(日)倉敷工房IKUKO(岡山) 篠原希陶展 
・2019年3月15日(金)~ 3月21日(木)新宿ギャラリー柿傳 「信 樂 - 土の賦 十二人展」

茨城の旅。この三年間その1 ノ貫プロジェクト作陶展
2014 / 10 / 09 ( Thu )
先日はただいま開催中の笠間市の工芸の丘にて
ノ貫(へちかん)プロジェクト「茶道具」と「器」の作陶展に在廊して
水戸市ではノ貫メンバーでもある穂高隆児さんの初個展を見に行ってきました!


まずは笠間市工芸の丘にて
10439498_707188136032284_7773984513692168638_n.jpg
ノ貫プロジェクト「茶道具」と「器」の作陶展


ノ貫プロジェクトとは「アバンギャルド茶会」なるものを主催する近藤俊太郎さんが
震災をきっかけに笠間の薪窯を購入、みんなで作品を持ち寄って一緒に窯を焚こう!
という発案から始まったものです。
その時のエピソードは薪窯、買っちゃった。 工房、借りちゃった。

当時は震災まもなく、大きな余震も続いており、原発の危険もまして行く中
「薪の窯を東京の茶人が買う」という文言をネット見ただけの私でしたが
すっかり度胆を抜かれてしまった事がわすれられません。


私が参加した時の記事は
「初日実現!-3 お祝いパーティーと初窯出し/ 土に魂を宿す二人展 酒井敦志之×篠原希」
「丿貫プロジェクト第三回窯焚き」


「いつかこの作品で展覧会が出来たらいいね」
と話していた事が、ついに実現する事となり、私も参加させていただける事になりました!



IMG_0232.jpg
ノ貫入り口看板

展示内容はメンバーが共に「窯元」近藤さんのノ貫の薪窯で焼き上げた作品と
自分の仕事としている作品を展示する事となっております。



私のノ貫窯での作品は陶胎は私が製作して
絵付けと窯での焼き上げをノ貫参加のメンバーがしてくれたものです。

IMG_0228.jpg
篠原ノ貫茶碗

私も展示会場で実作を初めて見て、あまりの予想外、おもしろさに大笑いしました。

自分だけでは絶対作れない記念すべき作品です。



そして
笠間工芸の丘登り窯前では、この三年の間に茶人近藤俊太郎さんが発案、製作、活動をしている
「移動茶室」ノ庵(へちあん)登場。移動茶室についてはアバンギャルド茶会サイトのこちら


近藤さんがたくさんのお客さまにお茶を立てておられました。

ノ庵を体験された皆さんとても笑顔になって出てこられ、
近藤さんのお茶の素晴らしさを再認識しました。

10351822_711334615617636_6247810376537108213_n.jpg
ノ庵をにじり口からのぞく



この移動茶室もようやく今回初体験する事ができました。



笠間の陶芸家沼野さんとともにお茶をいただきながら、
震災以来体験した色んな出来事をはなしました。
そもそも沼野さんと近藤さんとの震災時のやり取りを知ることができなかったら、
いまこうして沢山の出会いもなく過ごしていたかもしれません。
短くも素晴らしいお茶席をいただきました。


IMG_0239.jpg
移動茶室ハッチ


台風接近の大荒れのお天気で下が、沢山のお客さまが興味深く「ノ庵」を
ご覧になっていました。



最後に、ノ貫メンバーのこの日の在廊をしてくださった皆さんとパチリ。



IMG_0243.jpg
左から 笠間陶芸家酒井敦志之さん、私、茶人近藤俊太郎さん、陶芸家沼野 秀章さん、陶芸家中野 明彦さん

工芸の丘のど真ん中でこんなことが出来るなんて、そしてそこに自分が参加できるなんて
想像もできませんでした。
この三年間のみなさんの努力とその結晶の和に加えていただけたこと、感謝申し上げます。
すばらしいひとときでした。



次回、水戸市うつわや季器楽座での穂高隆児初個展〜



↓行けるかどうかギリギリまでわかりませんでしが、参加できて本当に良かったです。   クリックいつもありがとうございます!↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

関連記事
09:38:05 | 見にいく|展覧会、個展 | コメント(0) | page top↑
<<茨城の旅。この三年間その2  穂高隆児さんの初個展 | ホーム | 笠間にてノ貫プロジェクト展 、恵比寿三越にて「朝の一服 100碗展」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |