FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2018年 今後の展示予定-------
・2018 年11月6日(火)~11月17日(土) 岡山ギャラリー栂 個展開催中 

-------終了した展示-------
・2018 年10月24日〜10月30日 京都 大丸京都店 個展
・2018 年7月19日(木)〜25日(水)東京 東武池袋店 篠原希陶展 個展
・2018 年4月28日(土)〜5月20日(日)水戸市 うつわや季器楽座 個展
・2018 年2月3日(土)~2月18日(日) 奈良 ギャラリーたちばな 個展

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ありがとうございました!/倉敷 工房IKUKO篠原希陶展終了しました。
2015 / 03 / 17 ( Tue )
2015年3月7日(土)から3月15日(日)の期間を終えて篠原希陶展終了いたしました。
ご来場くださいました皆様本当にありがとうございました!



11021196_416385488538426_2598951757237375618_n_201503170125575dd.jpg
展示風景

工房IKUKOは古い町並みを保存し今に伝えている倉敷美観地区のすぐそばにある
コンクリートと鉄とガラスで出来た自然採光も美しいギャラリー。




11025134_796971420387288_6932696937592998294_n_2015031701124007b.jpg
倉敷美観地区

10868263_803418663075897_6046302290711104666_n.jpg
ナマコ白壁

毎回来るたびに美観地区は整備されているように感じます。
期間中は音楽祭や倉敷のお祭りなども開催されていて連日たくさんの観光客が町並みを散策されていました。





11046768_794977937253303_6467619091370746597_n.jpg
シノギぐい呑(内部) 

今回はこれまで自分が作品に取り入れて来た窯焚き中で起きる「焼きによる熱」での
「曲がる」「破れる」を
さらに、造形の時点から取り入れて、積極的にやってみたものを初めて展示しました。







10988427_803731649711265_2200242876148079702_n.jpg
展示風景


作品を見ていただいてお客さまにも
破れる事に興味を持っていただけることも多く、
次回以降の製作へのヒントもいただきとてもありがたかったです。


10388089_795905463827217_4405049531832372173_n.jpg
焼締土瓶

image1.png
陶匣(とうばこ)



毎回会場へ足を運んでくださるお客さまと最近の製作について
いろんな話をさせていただきました。

そして今回は備前や岡山県内で製作をしている若手陶芸家がたくさん来場してくれ
いろんな話が出来たので勉強になりまた大変嬉しかったです。


岡山と言えば人間国宝もおられる備前焼で有名な県です。
お客さまも焼き物に詳しく、「焼締(やきしめ)技法」にも詳しい方が多い場所。

初めて岡山で個展をしようと思ったきっかけも、自分が信楽や伊賀の「釉薬(ゆうやく)を掛けずに穴窯で焼き締める」ものが好きで、自分が焼締をやり始める上で、どうしても備前を知っておきたいと言う気持ちからでした。

これまでもたくさんの陶芸家とお話する機会を得て
そして、今回も会場まで若手の陶芸家がたくさんご来場くださいました。

みなさん大変まじめで、そして謙虚な方ばかりでした。
お話を通して今回もたくさん学ばせていただきました。
ありがとうございました。




期間中ご来場くださいましたみなさま
本当にありがとうございました!

改めまして、こころより御礼申し上げます!




↓参加しています。 聞けた話をきっちり消化して作品作りに生かさねば!  ぽっちりクリックおねがいします↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村








関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

02:00:06 | 個展のお知らせ | コメント(0) | page top↑
<<立木を切る/薪作り | ホーム | 倉敷工房IKUKO 篠原希陶展はじまりました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。