FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2018年 今後の展示予定-------
・2018 年11月6日(火)~11月17日(土) 岡山ギャラリー栂 個展開催中 

-------終了した展示-------
・2018 年10月24日〜10月30日 京都 大丸京都店 個展
・2018 年7月19日(木)〜25日(水)東京 東武池袋店 篠原希陶展 個展
・2018 年4月28日(土)〜5月20日(日)水戸市 うつわや季器楽座 個展
・2018 年2月3日(土)~2月18日(日) 奈良 ギャラリーたちばな 個展

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
立木を切る/薪作り
2015 / 04 / 03 ( Fri )
倉敷 工房IKUKOでの個展も終わり
薪割りを開始しました。

11113867_812699025481194_2634178824331635657_n.jpg
チェンソーで一定の長さに切りそろえて行く「玉割り(たまわり)」

前回の穴窯の窯焚きで薪棚はすっかり空っぽになってしまいました。


そんなとき
「切ってほしい松の木があるねんけど、切ってくれへん?」
との連絡が。


私はこれまで同じ様な連絡が入って来ても
「立木は切りませんので」
とずっと断って来ました。

相手の方は立ち枯れなど、切ってほしい理由があって、こちらには松薪の燃料になるという事なのですが
立木伐採は素人の私には危なすぎます。

話に聞くだけでも大けがをしたかたをたくさん知っているので、自分でやるには恐ろしすぎますし、
一人で仕事をしている自分が、怪我をしたときにはなんの保証もありません。

じつはこれまで、何度か断りきれずに立木を切り倒した事があったのですが、
その度に危険な目に会っても来ました。その時の記事

そんな理由があって、あくまでも切り倒した原木をいただける場合のみ。
との誓いに近いものをもっていました。



しかし、今シーズンも「立木きってくれへん?」との連絡が。

いつもの様に「立木は素人には危険すぎるので、申し訳ありません…」
と一度はことわったのですが、大変お困りの様子。


私もなんどもこんな経験をしてきたので、頭ごなしに断れなくなり
まずは現場次第で考えようと思い直す事に。

CBU7qJAVEAAezA6.jpg
立ち枯れを起こしている松の木

現場に行ってみると
1.松の木の足場はしっかり確保できそう。→倒れかけたとき逃げられる(崖の立木のときは逃げる事ができない)
2.切り倒した先が広場になっていて、なにも破壊する心配がない。
3.切り倒した先の広場まで軽トラが行けて回収しやすい。

上記の理由が揃っていたので、やってみる事にしました。



最初は木が倒れた瞬間の跳ね上がりや倒れた時に転がる危険性も考えて、一番大きい立ち枯れを起こした松を切る事に。

「大事に使わせていただきます」と手を合わせてから
倒す方向を考えて倒す方向の幹にチェンソーで口を斜めに切りとります。
十分周りの安全を確認した上で、口と反対方向から切って行くと


「パキッ!」


と大きな音がします。
これが倒れる瞬間の合図となって、私は一目散に逃げます。

「バサバサーッ」「どおん!」

と大きな音がしてなんとか倒すことができました。



11077860_812212428863187_7130510762414862768_n.jpg
倒れた松の木


素人の私はいつ倒れるのか分かりませんし
チェンソーを見ながら、松の木が倒れて行く瞬間を見極めないといけないので
心臓がバクバク言っております。
やはり恐ろしいです。

その後も何本か切り倒し、なんとか怪我なく切り倒す事ができました。




次は倒れた松の木を枝を払って、幹を軽トラに載せられる程度に切って行きます。

11082605_812212458863184_9205983628560820314_n.jpg


実はこの枝を切って行く作業の中で、しなった枝が切れた瞬間に顔面に跳ね上がって

「バチコーンッ!!」

…とぶん殴られました。
松の木の怒りをいただいたと思っております。
大切に使います。もう一度手を合わせ…



軽トラいっぱいの原木をいただきました。

10421601_812212475529849_4131649923089296190_n.jpg
原木



これを大切に次の窯の薪にして使います!


やはり大変恐ろしいですし、素人一人でやるもんではないなと改めて思いましたが
良い経験になりました!
(でも希望は切り倒した松の原木でおねがいします(笑))







↓参加しています。 薪割りのあとは身体がガッタガタになります。でも良い汗かいて気持ち良いので好きな作業です!  ぽっちりクリックおねがいします↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村






関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

13:42:19 | 製作についてのおはなし | コメント(0) | page top↑
<<DMが出来ました! 篠原希陶展 / 三島市ギャラリー阿吽にて | ホーム | ありがとうございました!/倉敷 工房IKUKO篠原希陶展終了しました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。