FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2018年 今後の展示予定-------
・2018 年11月6日(火)~11月17日(土) 岡山ギャラリー栂 個展開催中 

-------終了した展示-------
・2018 年10月24日〜10月30日 京都 大丸京都店 個展
・2018 年7月19日(木)〜25日(水)東京 東武池袋店 篠原希陶展 個展
・2018 年4月28日(土)〜5月20日(日)水戸市 うつわや季器楽座 個展
・2018 年2月3日(土)~2月18日(日) 奈良 ギャラリーたちばな 個展

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
大丸京都店篠原希陶展終了しました! ありがとうございました!
2015 / 10 / 20 ( Tue )
10月7日(水)より13日(火)の日程で
大丸京都店で開催しておりました篠原希陶展は無事に会期を終えました!

沢山の皆様にご来場いただき、心より感謝申し上げます。




今回の展示では穴窯(釉薬をかけず、薪を燃料として焼き上げる原始的な窯のこと)を使って、
燃料の薪の灰と炎と土とが噛み付き合うように熔けて現れる
表情をどこまで引き出せるかをテーマに展示いたしました。


陶匣(とうばこ)の数も種類も様々な形で見ていただけるよう考えました。

また大壺に関しても、ここ数年テーマとして取り組んできた
炎の力で「曲がる、裂ける、熔ける」ギリギリのところを狙って焼く
破れ壺と並んで、

IMG_1371.jpg
破れ扁壺(やぶれへんんこ)


今年はじめて出品した「きれいに熔けた灰を大壺の表面に景色として出す」
というもの両方を見ていただけるようにしました。
12074864_911057348978694_5235767132788970453_n.jpg
展示風景 焼締大壺 茶碗 水指





また、昨年来雑誌モーニングで連載中の「へうげもの」に関わらせていただいたおかげもあって
伊賀とは?信楽とは?なんだろうと考える機会も多く
現在の私の思いも展示にしてみました。






11254231_908870919197337_5222716137962778904_n.jpg
焼締大壺近景






12109026_907660895985006_7327367129378588769_n_20151020175941696.jpg
展示風景 酒器

伊賀や信楽で産出する真っ白で耐火度の強い土を使って
その土のもつ面白さを見ていただけましたら幸いです。






IMG_1312.jpg
展示風景




お忙しい中会場まで足を運んでくださいました皆様心より御礼申し上げます。
そして、この展示を日に陰に支えてくださった関係者の皆様本当にありがとうございました!








関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

18:04:20 | 個展のお知らせ | コメント(0) | page top↑
<<へうげもの企画展に参加させていただいています。 | ホーム | 大丸京都店篠原希陶展はじまりました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。