FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2018年 今後の展示予定-------
・2018 年11月6日(火)~11月17日(土) 岡山ギャラリー栂 個展開催中 

-------終了した展示-------
・2018 年10月24日〜10月30日 京都 大丸京都店 個展
・2018 年7月19日(木)〜25日(水)東京 東武池袋店 篠原希陶展 個展
・2018 年4月28日(土)〜5月20日(日)水戸市 うつわや季器楽座 個展
・2018 年2月3日(土)~2月18日(日) 奈良 ギャラリーたちばな 個展

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
茨城への旅
2015 / 12 / 10 ( Thu )
先日は、茨城まで行ってきました!


12294630_932108730206889_9063665417523430261_n_2015121009122706e.jpg
途中SAでみられた朝日を浴びる富士山。



思えばずっと行かねば行かねばと思いながら、さまざまな用事や仕事にかまけていくことができませんでした。

目的は水戸のお店、うつわや季器楽座。

fc2blog_2015121008455563es_20151210091231119.jpg
ノートとペンを持っていく

2012年に開催された笠間の陶芸家 酒井敦志之(さかいとしゆき)氏との二人展を五年の歳月を経て
再び開催することになったからです。(その時のエピソードはこちら

二人展が終わって完全に脱力していた私は
再び二人展をすると言われた時は「無理です!」と言ってしまいました。

2011年3月の震災で窯焚き中に地震にあった酒井氏は窯がバリバリと割れ、
煙突がねじれるのを見ながら、なんとか火を落としましたが、
窯と作品の大部分を失いました。

その状態から2012年正月までに窯をバラバラに壊して、そこから再建し
作品を焼き上げ展示に至るという、今思い出しても熾烈な仕事を成し遂げ
二人展に臨みました。

私はそんな彼や彼を支える仲間たちの様子を知りながら、どのように二人展に向かうべきか
本当に共に展示をする資格があるのか悩みました。

自分なりのみなさんに対する精一杯を見てもらうしかないと
心に定めて展示に臨み、ようやく終えることができました。

いろんな想いがつまりに詰まった展示だったので
それをもう一度やることが想像もできませんでした。

それで私は「無理です!」という言葉が口をついて出てしまったのですが
酒井氏はというと、2011年4月に聞いた「できます!」と同じように
全く動じてはいませんでした。本当に恐ろしい人だと思いました(笑)

12301635_932569546827474_6065149502985361798_n_2015121009122928b.jpg
笠間 酒井敦志之氏の再建された窯 水戸 うつわや季器楽座

お昼過ぎに笠間の酒井氏の工房にお邪魔し、
いろんな話をしながら展示についての動機付けや案などを聞きました。
いつもながら冷静沈着、かえって私はドギマギしながら疑問をぶつけ続けるような感じでした。
(私の方が年上なのですがいつもこんな感じです(笑))

fc2blog_201512100946557f6s_20151210094912963.jpg
鴨鍋


夕方には水戸のうつわや季器楽座のオーナーの元へ二人で向かい
そのまま水戸の鴨鍋屋さんでオーナーを含めて三人でミーティングをしました。


三人でいろんなアイディアを話しつつ、楽しく美味しい時間はあっという間に過ぎて行きました。



ようやく自分のきもちにも楔をひとつ打ち込むことができました。




昨年の私の個展の時までは私は
「自分が変身するくらいのことがなければ、とても二人展をもう一度出来ない」
と悩んでいたのですが(笑)
酒井氏、そして季器楽座さんからはたびたび
「ようやく普通の状態で二人展ができるんだよ」
と言う気持ちを伺うことがあり

気負い過ぎ、変な方向に自分が向かっていることがようやくわかりました。


私も少しは二人のように沈着、冷静さを持って
2012年とは違う展示ができるようにしたいと思います。






果たして、どんな二人展が実現できるでしょう。







12241225_933238960093866_8076316549861119833_n_20151210091226906.jpg
おみやげにもらった笠間「きのみの」のお菓子
いろんな味が感じられた後、最後にひとつにまとまって消えるおいしさです。

振り返ると、あの素晴らしい富士山が見られたのがまるで吉報だったかのように
事故もなく、素晴らしい出会いのある旅でした。
バタバタと皆さんにご迷惑おかけしましたが、本当に行けてよかったです。

ありがとうございました!






P.S.
実は今回、茨城は奥様(よ)さんの故郷でもあり、家族もろとも車に乗っての旅でした。
その途中、子供の念願だった東京スカイツリーに行った様子をSNSにあげたところ、
笠間の皆さんに「あ、笠間に来るんだな」とバレていたそうです。
ですので、全然びっくりしてもらえませんでした。

この四年間、自分がどれだけ同じ行動をしていたかがわかりました(笑)








関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

08:49:55 | 日記 | コメント(0) | page top↑
<<ギャラリー栂 篠原希陶展終了しました。 | ホーム | 岡山 ギャラリー栂(とが)にて篠原希陶展はじまりました! >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。