FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2018年 今後の展示予定-------
・2018 年11月6日(火)~11月17日(土) 岡山ギャラリー栂 個展開催中 

-------終了した展示-------
・2018 年10月24日〜10月30日 京都 大丸京都店 個展
・2018 年7月19日(木)〜25日(水)東京 東武池袋店 篠原希陶展 個展
・2018 年4月28日(土)〜5月20日(日)水戸市 うつわや季器楽座 個展
・2018 年2月3日(土)~2月18日(日) 奈良 ギャラリーたちばな 個展

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ギャラリー栂 篠原希陶展終了しました。
2015 / 12 / 25 ( Fri )
12月13日(日)の最終日を無事に終えて、ギャラリー栂での陶展も無事に終了しました。
ご来場くださいましたみなさま本当にありがとうございました!



12308797_930495707034858_3307786257203401487_n.jpg
ギャラリー栂 展示風景



備前焼の本場、伊部地区から数キロしか離れていない栂さんには
陶芸家の方がこられることも多く
期間中もたくさんのご高名な陶芸家のお弟子さんや、備前焼作家さんがご来場くださり
いろんな話をすることができました。


初めて栂さんで個展をしたのは10年以上も前のことで
ついに念願の薪を燃料として焼き上げる穴窯(あながま)を築窯したその年でした。




12369235_936164959801266_5721881938185834354_n.jpg
引出徳利(ひきだしとくり)


とにかく自分の窯が持てたことが嬉しくて、それだけしかなかった自分ですが、
この先本格的に薪窯、ことに釉薬をかけず焼きしめる「焼締」を
やっていくには、「備前を識る」ことはどうしても必要と思っていました。


たとえ稚拙でも
「今、自分のできる限りのことを展示して批評いただいて、学ぶ」と心に決めて
探していたところ幸運にもギャラリー栂さんにお声掛けいただけたのでした。







それから十年。
ここで3度目の展示をさせていただきました。




12243074_936284749789287_3117405057079256043_n.jpg
左から 瓢徳利(ひさごとくり)、焼締徳利(やきしめとくり)、引出片口鉢(ひきだしかたくちばち)

搬出作業が終わって栂さんにコーヒーいただきながら、会期が終わってしみじみと。
はじめてここで個展をさせてもらった時のことを思い出しました。


初窯を大失敗して臨んだことが昨日のことのよう。
その時も今回のように沢山の備前の若手作家さんと話が出来て、今の自分に多大な影響をもらい
ここまでつづけてこられました。

お客様、そしてたくさんの陶芸家の方々
ギャラリー栂ならではの、たくさんの出会いに感謝でいっぱいです。


また、自分の仕事を見つめ直して頑張ります。






関連記事
18:11:38 | 個展のお知らせ | コメント(0) | page top↑
<<大晦日の夜に | ホーム | 茨城への旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。