FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2019年 今後の展示予定-------
・2019年4月6日(土)~ 4月14日(日)倉敷工房IKUKO(岡山) 篠原希陶展 
・2019年 4月13日~5月6日ギャラリー阿吽(静岡)篠原希陶展予定  
・2019年7月18日(木)~7月24日(水)東武池袋店(東京)篠原希陶展  
・2019年 10月大丸心斎橋店現代工芸サロン桃青(大阪)篠原希陶展予定  

-------終了した展示-------
・2019年3月15日(金)~ 3月21日(木)新宿ギャラリー柿傳 「信 樂 - 土の賦 十二人展」

穴窯の窯焚きについてのお話。
2016 / 03 / 22 ( Tue )
昼夜問わず燃料の薪を焚き口に放り込み
ぶっ通しで焚き続ける穴窯(あながま)。

自分の場合は基本的に4日間。


窯がこじれてしまったときは5日間かかってしまうことも。



10426612_988009074616854_2669249928510992485_n.jpg
長男坊のお助けシーン




本当は窯の日数を短縮するため(3日くらいで焚いちゃおう!くらいの考えw)に
小さい窯にしようと思っていた面もあったのですが、実際に焚いてみると失敗また失敗の繰り返し。


はたと「日数を何日かけたとか、薪を何束燃やしたとかのために焚いてるわけじゃない」
とようやく気がつき


「あの壺をかっこよく焼こう」


と考え方を変え、温度計の表示よりも窯に近づいた時に肌で感じる
「ジリジリとした輻射熱」
を見るように、

薪を束ねている鉄の輪っかは数えないようにすぐにしまうというような、
いまの窯焚きのスタイルになりました。




971427_988009064616855_7588672945653919735_n.jpg
娘もお助け

失敗続きだった頃は、窯を焚くにもかなり思いつめており、
一人で焚くことにこだわり三日徹夜して焚くこともありましたが、必ずそのあとぶっ倒れていました。
そんな様子をみかねてか友人や家族が助けてくれるようになりました。




10253852_988009067950188_4260398137359705749_n.jpg
奥様(よ)さんのお助けシーン
(赤ちゃん背負ったまま窯焚き手伝ってくれようとしたのでさすがにこのあとすぐ止めましたw)

人に助けてもらえる事が本当にありがたいと、穴窯を通して教わりました。
関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

21:43:56 | 窯焚きの事 | コメント(0) | page top↑
<<土の面白さを教えてくれた無釉の引出黒(むゆうひきだしくろ)ぐい呑 | ホーム | ギャラリーたちばな陶展終了しました。篠原希陶展。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |