FC2ブログ
陶工房 篠原 >焼いて暮らす日々

お知らせ
-------2019年 今後の展示予定-------
・2019年4月6日(土)~ 4月14日(日)倉敷工房IKUKO(岡山) 篠原希陶展 
・2019年 4月13日~5月6日ギャラリー阿吽(静岡)篠原希陶展予定  
・2019年7月18日(木)~7月24日(水)東武池袋店(東京)篠原希陶展  
・2019年 10月大丸心斎橋店現代工芸サロン桃青(大阪)篠原希陶展予定  

-------終了した展示-------
・2019年3月15日(金)~ 3月21日(木)新宿ギャラリー柿傳 「信 樂 - 土の賦 十二人展」

ならまちギャラリーたちばな篠原希陶展終了しました。
2018 / 03 / 02 ( Fri )
2018 年2月3日(土)~2月18日(日) の期間をもちまして、ならなちギャラリーたちばなでの個展が終了しました。
期間中は大変な寒波がきて連日寒い日が続きましたが
その中でもご来場くださいましたみなさま本当にありがとうございました。
1.png
アメリカワイルドクレイ(NC)茶碗
今回の展示のテーマは「ワイルドクレイ」
昨夏、アメリカで制作したノースカロライナの原土で制作した作品と
普段私が制作で使っている信楽や伊賀の山土もワイルドクレイと捉えて展示しました。
2.png
須恵土鉢(すえつちはち)
そして昨年、友人からもらった、隣町で採取した古琵琶湖層(古代の琵琶湖の湖底に溜まった粘土)の土
初めて作品にして薪窯で焼成して展示しました。
tuti.png
その際、そのまま焼締めることよりもアメリカで体験した「スリップ」を自分なりに解釈して
外側に薄く白土をかけてから焼き上げることにしました。
3.png
須恵土マグ(すえつちまぐ)
全面に白くコーティングしてしまうのではなく、ワイルドクレイが透けてくるように、
その土の面白さを引き立てる意味でのスリップを狙ったものでした。
今後も面白い土を生かす物づくりを心がけ精進いたします。
ありがとうございました!
関連記事

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

11:16:31 | 個展のお知らせ | コメント(0) | page top↑
<<GWは水戸市 うつわや季器楽座で個展をします。 | ホーム | ならまちギャラリーたちばなでの個展も今日と明日まで。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |